●近代的経営の原点となる就業規則の作成
最近の個別労働紛争の激増に伴い、裁判外紛争解決(ADR)のための機関の整備も進められています。しかし、個別労働紛争の多くは、就業規則等の諸規程の不備とその運用の拙さから発生することが多く、日頃の対応によって未然に防ぐことができるものが少なくありません。
当 研究所は、最新の法令や判例を踏まえ、紛争を未然に防ぐことのできる規程の作成のお手伝いをします。


●中小企業はリスクが一杯?
人事・労務分野では、平成17年4月から個人情報保護法が施行され、また、裁判外紛争の増大、個別加入ユニオンとの紛争、更に労働基準監督署の調査など、企業にとっては大きなリスクが待ち受けています。
裁判外紛争の多くが就業規則の不備をめぐって発生しており、また、労働基準監督署の調査の結果、賃金不払残業の是正勧告を受け、中小企業でも何百万円もの訴求支払を求められることがあり、これらが大きなリスクとなっています。


●社内の給与の問題なら!
■給与体系の変更を考えているのだが・・・。
⇒業界の標準的な賃金のテーブルと自社の賃金制度との比較をすることから始めれば、一歩前に進みます。ご用意しましょうか?


■社会保険の負担を軽減したいのだが・・・
⇒人材の削減を行なわない、削減のプランをご提案いたしましょうか?


■高齢者の給与体系の見直しを行ないたいのだが・・・
⇒高齢者給与体系の変更と定年の延長助成金制度の活用で、社員の手取りを減らすことなく、会社の負担を減らすことが出来ますが、ご提案いたしましょうか?


●経営者は孤独です
従業員の問題・資金繰り・営業戦略など、様々な問題を抱えるご経営者の良きパートナーとして、経営全般のサポートを行なっております。

是非、些細なことから、ご相談頂ければお役に立てるのではないでしょうか?

実際の『お喜びの声』をご覧下さい。



Copyright(C)2005 maruoka-office/produced by maruoka